ソフトの信号を本体に送る

19-10

Windowsもマイクロソフトがソフトを作っていて、PC本体はNEC、富士通、ソニー、東芝、DELLなど・・挙げだしたらキリがないくらいの企業が作ってます。これに対してアンドロイドはWindowsにみようかなビジョンです。

ソフトの信号を本体に送るのに、ラグが生まれやすくなるんです。外側の本体から中に入っているiOSというツールまで、全てをアップルが自社で設計していますので、つなぎ目がスムーズっていうビジョンです。

Androidはツールの名前でGoogleが作っいるが、ツールはGoogleですが外側の本体は色んな企業が作っているのです。だから、動きが鈍くなっちゃいやすいんです。

以前はアンドロイドよりも圧倒的にアイフォンの方が動きがスムーズで、これがiPhoneの大きなメリットだった。ですけど、最近はアンドロイドも改善されてきて、十分バンバンと動くようになっています。

これだとつなぎ目がスムーズじゃない感じになるのでしょう。iPhoneの動きがスムーズなのは、アップルが統一して作ってるからだ。

スマートフォンマンの感覚では、まだ若干のiPhoneの方が動きが好いと思う。